現代の金融システムの厳しい現実とは、その規模が拡大するにつれて、規制の必要性、または欲求が蓄積されていくことです。それは、一般的にはいくつかのアクターの怠慢または市場に潜む陰謀の結果です。

例えば、1907年恐慌では、貸し手の最終手段として1913年に連邦準備制度を創設しました。もう1つの例は、1920年代アメリカでの過剰投資によって財政が崩壊した大恐慌です。この崩壊により、同様の出来事を防ぐため、あるいは崩壊を招いたアクターの責任を問うために1934年に証券取引委員会が創設されました。

規制の必要性、規制対象の有効性について合理的な議論を行うことはできますが、規制の存在と政府がその施行に熱心に取り組んだことを否定できません。しかし、世界がグローバル化し、資産がデジタル化するにつれ、すべての規制機関は2つの課題に直面します。

第一に、複数の管轄区域を扱う際には、どの規制が優先されるべきなのでしょうか。

単一のトランザクションが幾重もの国境を1分未満で越えるとき、ヴェストファーレンのような時代遅れの体制は一瞬で崩壊していたでしょう。単に地政学的に最も影響力のある地域が優先されるべきなのでしょうか。

第二に、プライバシー保護技術の向上はデジタル軍備競争を勃発させたために、トランザクションに参加者、または特定の資産を保有している人物を追跡するのがより困難になったことです。秘密が保持されている12つのパスフレーズで何百万ドルもの資産を管理できる世界では、効果的な規制をどのように実施するべきなのでしょうか。

あらゆる金融システムと同様に、カルダノプロトコルは公正かつ合理的であるかどうかを意識して設計する必要があります。我々は、個人の権利と市場の権利を分離することにしました。

個人は弾圧または資産を没収されることなく、自身の資金への独占的なアクセスを常に有するべきです。ベネズエラとジンバブエで腐敗した政治家が個人的利益のために主権を乱用しているため、全ての政府が信頼できるわけではなく、従ってこの権利は強く主張されなければなりません。仮想通貨は大多数の人々のために設計されなければなりません。

次に、歴史は決して改ざんすべきではありません。ブロックチェーンは、その不変性を保証します。歴史をロールバックする、あるいは公式記録を変更する力を導入することは、特定の人物や集団が利益をもたらすために、過去を変えようとする誘惑を誘発します。

また、お金の流れは自由でなければなりません。資本統制やその他の障壁は人権を制限することになります。それらを強制するのは無駄だとは言え、生活資金を得るために自国の管轄外で働く最貧国の市民が多数いる世界経済において、資本の流れを制限することは、通常は、世界で最も貧しい人々に害を及ぼします。

これらの原則を踏まえれば、市場は個人とは明らかに異なります。カルダノの設計者は個人の権利を尊重する一方で、市場は公的に条件を主張する権利があり、個人がこの市場でビジネスを行うことに同意する場合、システム全体の完全性のためにその基準に従わなければなりません。

課題

課題は常に施工コストとその実用性です。小規模かつ多管轄の取引に対して、詐欺または商事紛争に関する高保証の償還を提供することは、従来のシステムではコストがかかりすぎます。ナイジェリアの王子に電信送金を行なったとき、通常その資金を返済してもらうのに通常は苦労することでしょう。

カルダノにとって、我々は3つのレベルから革新が行えると考えています。まず、スマートコントラクトを利用することによって商業関係の条件を上手く制御することができます。すべての資産がデジタル化され、CSLのみを用いて表現できる場合、詐欺のない商取引に対する強力な保証を得ることができます。

次に、PIIの漏洩なしに、認証や信用アクターに利用できるHSMを用いてIDスペースを提供することによって、グローバルな評判システムを導入し、自動化された税務コンプライアンスを備えたオンラインゲームや分散型取引所などの低コストの規制された活動を実施できるようになります。

最後に、カルダノのロードマップには、ユーザーが書いたスマートコントラクトに可変性、消費者保護、仲裁機能を追加するために、スマートコントラクトと対話可能なカスタマイズが行えるモジュラー化された規制DAOの作成が記載されています。このプロジェクトについては、別の論文にて概説を行います。

Did this answer your question?