我々の仮想通貨における先進的な探求は2つのプロトコルに集約されます。これらはそれぞれ、証明可能安全なプルーフオブステーク [1] [2] を用いた仮想通貨 Cardano Settlement Layer(CSL)、及びプロコトルの集合体であるCardano Computation Leayer(CCL) と呼ばれています。

我々は設計に際して、仮想通貨の社会的側面を受け入れ、階層化を行うことで資産の会計を複雑な計算処理から分離し、いくつかの不変の原則の範囲内で規制者のニーズに応えることに重点を置いています。また必要に応じて、 査読によって提案されたプロトコルの検証を行い正式な仕様に対するコードのチェックを行っています。

Did this answer your question?