分散型台帳については、その相互運用性ははるかに容易です。各台帳には、それぞれのコンセンサスアルゴリズムに関するネットワークプロトコル、通信規格、およびセキュリティの仮定があるため、その定量化は容易に行うことができます。

情報の移動は、外部ネットワークに接続してメッセージを変換することによって確立されます。価値は、中継システムアトミッククロスチェーン取引、または巧妙なサイドチェーンの仕組みを通じて動かすことができます。中央集権的な管理機関がないため、エンティティの単一表現でさえも、信頼できる開発者、マイナー、その他の実力者のメタ議論を制限します。

カルダノでは、Kiayias、Miller、Zindros氏が開発した新しいサイドチェーンプロトコルの統合を行います。これは、プロトコルに対応する2つのチェーン間での価値の移動を安全かつ非対話的に行う方法を提供してくれます。この仕組みは、CSLとCCLの階層間で価値が移動するための主要な方法となります。

他の仮想通貨については、価値とユーザーベースでカルダノが成長していくにつれて、連合化された相互関係が形成されるはずです。この成長を促進するために、カルダノSLは相互運用性スクリプト用の制限されたバージョンのPlutusをサポートしています。これらのニーズに応えるための新たなトランザクション方法はShellyおよびそれ以降のリリースで追加されます。

Did this answer your question?