サイドチェーンに関しては、カルダノはプルーフオブワークの証明の結果を基にKiayias、Millerと Zindros氏 によって開発された新しいプロトコル(KMZサイドチェーン)の対応を行います。このプロトコルに関する設計の詳細についてはここでの議論の範疇を超えています。しかし、そのコンセプトによりCSLから任意のカルダノ・コンピュテーション層やプロトコルに対応している他のブロックチェーンへの安全で非対話的な資産の移動を可能にします。

KMZサイドチェーンは、複雑な処理をカプセル化するための鍵となっています。規制要件、民間業務、堅牢なスクリプト言語、その他の特別の懸念についてはCSLではブラックボックス化されています。しかし、CSLユーザーは計算処理が完了すればその会計や資金回収能力について一定の保証を受けることができます。

Did this answer your question?