仮想通貨は、ソフトウェアとして実装されたプロトコルです。プロトコルとは単に参加者間の知的な会話です。ソフトウェアは究極的にはいくつかの目標を与えられたデータの操作です。しかし、信頼性が非常に高いソフトウェア及び有用で安全なプロトコルと、その逆のものとの違いは完全に人間的です。

優れたソフトウェアは説明責任、明確なビジネス要件、繰り返し可能なプロセス、徹底したテストと飽くなき反復を必要とします。優れたソフトウェアには、問題を解決できるシステムを適切に設計するための専門知識と、才能のある開発者が求められます。

有用で安全なプロトコル、特に暗号と分散システムを含むプロトコルは、より学術的で規格駆動のプロセスから始まります。プロトコルが有用であることを保証するためには、査読、無限の議論、トレードオフの確固たる概念が必要です。しかし、これだけでは十分ではありません。プロトコルを実装し、実際に使用し、テストしなければなりません。

特有の課題

仮想通貨業界特有の課題は、全く異なる2つの哲学が適切な弁証法を行わずに絡み合っているということです。我々の命題は、若さ、欲求、情熱に支えられたスタートアップの心構えである「迅速に行動し、破壊する」ことです。これに対する反対命題は、十分な資金と威信を享受しながら、業界の革新をニッチのようなものに入れ込んで確実にしようとする願望によって動機付けされた、慎重かつ系統的で、学問的なアプローチです。

その結果、多くの仮想通貨は、ほとんど意味のないホワイトペーパーによって策定されたか、または急いで書かれたプログラムコードです。現在、時価総額トップ10の仮想通貨のいずれも、査読されたプロトコルに基づいてもいなければ、正式な仕様からの実装も行われていません。

しかし、これらには数十億ドルの価値が絡んでいます。一度導入されると、仮想通貨に変更を加えることは非常に困難です。ユーザーは、安全なシステムの使用と、マーケティングの主張の正当性をどのように知ることができるのでしょうか。提案されたプロトコルが達成できない場合には、どうなるのでしょうか。

尊重されているプロセス

この命題の欠如にも関わらずプロセスのみが尊重されていることが、IOHKがカルダノを構築したかった主な理由です。我々の望みは、より効果的で、誠実かつ正直な方法で取り組む事例として参考となるプロジェクトを開発することでした。

目標は、ソフトウェアとプロトコル開発する上でのまったく新しい手法を提案するのではなく、素晴らしいソフトウェアとプロトコルがすでに存在することを認識し、その創造につながった条件を踏襲することです。次に、これらの案件をできる限り一般に知られるようにオープンソース化し、業界全体の利益となるよう参照可能にすることです。

Did this answer your question?