仮想通貨はお金が社会的コンポーネントであることの主要な例です。技術だけに焦点を当てて分析を行なった場合、ビットコインとライトコイン、イーサリアム と イーサリアムクラシックの間にはあまり差がありません。しかし、ライトコインとイーサリアムクラシックは共に巨大な時価総額と、堅牢で活発なコミュニティを有し、独自の社会的義務を負っています。

仮想通貨の価値の大部分は、コミュニティが通貨をどのように使用し、その進化にどの程度関与しているかで導き出せると主張できます。更に言えば、Dashなどの通貨は、開発と資金調達の優先順位の決定にコミュニティが関わることのできるプロトコルを、直接システムに統合しています。

社会的側面を明確する

仮想通貨の多様性はまた、その社会的側面を明確にしています。哲学や金融政策に関する意見の不一致、あるいは開発チームの分裂は、コミュニティの断片化とフォークにつながります。しかし仮想通貨とは異なり、超大国の不換紙幣は、政治的変化や地域格差による通貨危機やキャピタルフライトが起きたとしても、生き残る傾向にあります。

したがって、仮想通貨業界には従来のシステムに欠落している要素があるようです。カルダノロードマップにもあるように、プロトコルのユーザーは、そのプロトコルの背後にある社会的な契約を理解するためのインセンティブを必要とし、生産的な方法で変更を提案する自由を持っていると我々は主張します。この自由は、市場がどのプロジェクトに資金を供給すべきか、どのように規制すべきかを決定するのか、価値交換システムなどあらゆる側面に及んでいます。これは中枢アクターや、特別な資格を有する潤沢な資産を有した少人数派などによって仲介されるものであってはいけません。

カルダノは、ユーザーのニーズに応えるために、CSLの上に構築されたオーバーレイプロトコルのシステムを実装します。

 第一に、開発のブートストラップのために行なったクラウドセールの成功の有無に関わらず、調達資金は最終的には消滅します。加えてカルダノは、単調に減少するインフレおよび取引手数料が資金源となる分散型信託3を導入します。

全てのユーザーは、投票システムによって信託から資金を調達する資格を有し、CSLのステークホルダーは誰が受益者になるかを投票します。このプロセスによって誰が資金を受け取るべきかという議論が行われ、Dashなどの財務システムを有する仮想通貨にみられる、生産的なフィードバックの循環を生み出すことができます。

資金調達の議論は、長期的及び短期的目標、仮想通貨の社会的契約、特定の提案における方針と価値創造の信念に対してその関連性を強制させることができます。これは、コミュニティが常にロードマップの可能性について評価およびに議論していることを意味します。

第二に、カルダノはソフトフォーク、ハードフォークの提案、正式に行うためにブロックチェーンに基づいた投票システムの導入を予定しています。ブロックサイズの議論をしているビットコイン、DAOフォークを行なったイーサリアムおよびその他の多くの仮想通貨は、長年、もしくは頻繁にプログラムコードの技術的および道徳的な方向について終わりのない議論を行ってきました。

これらの多くの意見の不一致、またそれによってアクションが取られたときに生じるコミュニティの破綻は、変更のための議論において正式なプロセスが欠如していたことが直接的な原因に違いありません。

質問

ビットコインユーザーがSegregated Witnessを採用するためには誰を説得すれば良いのでしょうか。イーサリアムのコア開発者はDAOを救済する際に、コミュニティの感情を測定するにはどうすればいいのでしょうか。またコミュニティが分断すれば、その仮想通貨は永遠に修復不可能なのでしょうか。

最悪の場合、道徳的権限による行為とは、コミュニティの大半が望んでいるものではなく、単に開発者を味方にして、人脈とお金を持つ人に委ねられてしまいます。さらにインセンティブが悪い4ために、コミュニティの大部分がアクセス不能または離脱した場合、その行為が正当なものであるかどうかの真相を知ることは困難になります。

Tezos のような提案された仮想通貨は興味深いモデルを提供してくれます。Tezoでは仮想通貨のプロトコルを3つのセクション (トランザクション、コンセンサス、ネットワーク) から成る法体制のように扱っており、改正を行うための正式なルールとプロセスがあります。しかし、インセンティブや、形式言語によって仮想通貨を正確にモデル化して変更を行う方法については、まだ多くの課題が残っています。

これには形式的な方式や、コンピューターが理解可能な仕様、あるいはこのプロセスを財務システムと併合することによって金融的インセンティブを高めることが解決策として考えられています。結局のところ、もし洗練された解決策を見出せない場合であっても、ブロックチェーンに基づいた投票システムによって、透明性があり、検閲を許容する方法でプロトコル変更を提案することができれば、そのプロセスの改善に繋がるはずです。

Did this answer your question?